ホーム
業務実績
ぷちとまとグッズ
事業所紹介
ダウンロード

よくある質問

ホーム > よくある質問

共同受注について

Q1.共同受注って何ですか?

ひとつの仕事を複数の事業所が共同で請け負うしくみのことです。新潟ぷちとまとに参加している事業所は全て障がい者の自立支援に関わる活動をしており、ここにお仕事を発注することで多くの障害者の就労機会が増え、社会的自立に必要な所得や能力の向上につながります。

Q2.どんな事業所が参加していますか?

新潟県新潟市の「C-netsにいがた」、長岡市の「長岡市障がい者共同販売ネットワーク」、上越市の「上越ワーキングネットワーク」3つの共同受注グループに加盟している障がい者自立支援事業所が参加しています。何れも日本の法律に沿って認定を受けた事業所です。

Q3.どんな仕事ができますか?

あらゆるお仕事のご相談に対応いたします。詳しくは新潟長岡上越の各グループの窓口までお問い合わせください。過去の実績については業務実績一覧(*リンク)をご覧ください。

Q4.新潟ぷちとまとに仕事を依頼するメリットは何ですか?

・大量の作業を短い納期と有利なコストで仕上げることができます。
・業務の発注自体が障がい者の自立支援につながるため、御社の社会貢献活動としてアピールできます。(いただいたお仕事は業務実績としてこのサイトの中でご紹介させていただきます。)
・障がい者との協働作業を通して、新たな事業展開のヒントを得ることができます。

Q5.業務の依頼はどうすればよいのでしょう?

新潟長岡上越のグループがそれぞれに窓口を設けていますので、直接いずれかのグループへお問い合わせください。

紹介されている商品について

Q6.「ぷちとまとグッズ」って何ですか?

新潟ぷちとまとではこのシステムに参加している事業所の商品を、このサイトのコンセプトに沿った商品という意味で「ぷちとまとグッズ」としてご紹介しております。

Q7.全ての商品を福祉事業所でつくっているのですか?

ほとんどの商品は福祉事業所でつくっているものです。一部の商品は企業との共同開発や共同生産により生み出され、福祉事業所が販売しているものもあります。全ての商品には必ず障がい者の手が加わっており、ご購入いただくことで障がい者の就労の機会が増え、収入アップにつながります。

Q8.品質に問題はないのでしょうか?

福祉事業所でつくるからといって品質が劣ることはありません。ここに紹介されているのは全て指定障害者福祉サービス事業所の商品ですので、必ず各事業所の職員が商品開発や生産工程の管理に関わっておりますし、中には外部企業とのコラボレーションによりつくられているものもあります。

Q9.このサイトから商品の購入はできますか?

当サイトではオンライン決済による販売はしておりません。商品の購入を希望される場合は、直接その商品を製造(または販売)している事業所にお申し込みください。尚、一部の商品につきましてはパートナーサイト「NPOなセレクトショップ『ほわぎ』」にてオンライン決済による購入が可能です。ぜひご利用ください。

Q10.商品の返品や交換はできますか?

新潟ぷちとまとでは直接商品の販売を行っておりませんので、返品や交換につきましても、商品をお買い求めいただいた事業所とお客様の間でのご相談となります。ご理解のほどお願いいたします。

このサイトのシステムについて

Q11.このサイトはどうやって運営されているのですか?

このサイトの管理者は特定非営利活動法人あおぞらです。日々の運営はこのシステムに参加する事業所の皆さまの積極的なご協力により成り立っています。費用としては月々数千円のサーバーレンタル代がかかっており、管理者が負担しております。 因みに、新潟ぷちとまとは営利を目的としたサイトではなく、参加する事業所や一般ユーザーの皆様から料金をいただくことはありません。このサイトが活発に利用されることにより、障がい者の自立を支援する事業所の経営が改善され、障がい者自身の生活も向上し、ひいては誰もが幸せにくらせる社会づくりに貢献することを目指しています。

Q12.参加する事業所向けにはどんな機能が用意されているのですか?

実は、このサイトには表からは見えない様々な機能があります。例えば、共同で受注した仕事をスムーズに行うために、作業の分担・材料の仕入れ・仕様の共有・納期の管理・納品に至るまでの一連の過程を管理する「ワークシェアリングシステム」や、遠隔地間で顔を見ながら打合せができる「Web会議システム」など、複数の事業所の連携に役立つ便利な機能が備わっています。このような統合的なシステムは日本初であり、これらを合わせて「バリアフリーマーケティングシステム」と呼んでいます。いずれも、このシステムに参加する事業所だけが利用できるものです。

Q13.私たちの事業所もこのシステムに参加できますか?

新潟ぷちとまとを含めた「バリアフリーマーケティングシステム」にご参加いただくには、「C-netsにいがた」「長岡市障がい者共同販売ネットワーク」「上越ワーキングネットワーク」のいずれかのグループに加盟していただくことが前提となります。事業所の所在地に応じて最寄りのグループの窓口までお問い合わせください。

Q14.一般の企業ではこのシステムに参加できないのでしょうか?

上記の3つのグループの中には、地域の社会福祉協議会や障害福祉分野以外のNPOも参加するなど、必ずしも障がい者をメインにした事業所だけが構成員ではありません。一般の企業様においても、連携のあり方次第ではこれらのグループに参加することも不可能ではないでしょう。ただし、それは新潟長岡上越の各グループの判断になります。直接各グループの窓口にお問い合わせいただければ幸いです。

Q15.私たちの地域でもこのようなシステムを導入することはできますか?

はい、できます。日本国内で障がい者の自立支援を目的につくられているネットワークであれば、どこでも新潟ぷちとまとのようなシステムを立ち上げることが可能です。また、導入のための研修会やコンサルティングなどもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらまで。

  • NPOなセレクトショップ「ほわぎ」
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト

このページの先頭へ戻る